ユーチューブの動画のお話

ユーチューブの動画のお話

ユーチューブに動画を出そうなんて、思い始めたのはランサーズでユーチューブ用の

簡単な動画(紙芝居みたいなのです)の原画募集をしていたからです。

原画に資本投下してまで動画を作る業者さんがあるということは、少なくとも

投下資本を上回る収入が期待されるというコトですから。

そんなわけで何にもしらなかったのですが、ほんとにとりあえず動画作って

アップしてみました。ネタは4文字熟語です。学習素材なら古くなりにくいし

繰り返し見てもらえるだろうという考えのもとですけど。

これですね。

ユーチューブの4文字熟語動画その1

やったのはいいけど….

アクセス一桁!!

ユーチューブって動画アップしたらとりあえず誰彼と言わず見てくれるモンだと

思ってましたよ。宣伝しなきゃダメなんだ。

それじゃブログと一緒じゃないかと…..

難読漢字というテーマの動画も同時にアップしました

ユーチューブの難読漢字クイズその1

アクセスはほぼ0です。

自分で動作確認のために何度か見ますからね。それ以外カウント無いと思う。

……結局アクセスアップという問題に立ち返るワケです。

何をやってもアクセスがないと何も始まりません。

でもそのアクセスを受けたい主体は何?それを作らなくっちゃ意味がないし。

….まあそんなことになるわけです。

 

フォトリアなんかではそうだったのですがアップして最初から、少ないながらも

反応がありました。反応があるから新作を作る、新作を作るからまた反応が増える

という良い循環がつくりやすかったのですが、

このブログもユーチューブも紙飛行機販売のサイトもどれも無反応です。

どれもまだアップしている要素が少なすぎるのかもしれないし,アクセスそのものが

ほぼ皆無だし「分散」している事が悪いのかもしれません。

(それなのでそれらをまとめてこんなブログにしたのだけど)

何が良いのかなんて、しょせんワカラナイのだから反応と成功にビットしていく

しかないと思っていますが今のところ追加的に要素を積み上げて意味があるのは

マイクロストックだけです。

分散したいのですけどね。マイクロストックの未来もまったく読めませんから。

 

動画販売は可能性としては有ると思っていますしウェブのこれからの方向性は

動画化、贅沢化、テレビ化だと思います。テキストベースはいつまでも続かないはず。

なくなりはしませんが主流ではなくなっていくと思います。

なので動画は続けるつもりです。

このブログの第4のカテゴリーを「楽勉」から「動画」に変えることにします。

動画販売の推移、動画の作り方(作り方言えるほどスキルないですけどね)

作成した素材としての学習素材紹介(らく勉)という展開になりそうです。

 

無反応のトンネルを抜けるまで継続できるのか?

はたまたトンネルはどこまでも果てしなく続いているのか?

というコトです。

やれやれですけどとにかく続けます。

 

 

らく勉カテゴリの最新記事