なんてったって医療関係!ジャンルは重要

なんてったって医療関係!ジャンルは重要

医療関係は間違いなく、マイクロストックでイラストを上げていくのに

大きなマーケットです。それはたしかですが、さて………..

 

看護婦、看護師
ナースキャップなんて今どきしません!

縁がありまして先日ですが連続的に医療関係の仕事をさせていただきました。

医療のIT化、というようなテーマでイラストをたくさん描きました。

その折に指摘いただいたことの一つが「ナースキャップはいりません」でした。

下絵段階でなにげに描いていたのですが。

ナースキャップもですが今どきスカートの看護婦さんなんて、見かけない?

ナースキャップにスカートの看護婦さんなんて…フーゾク系にしかいないんじゃ

ないかと思います。動きにくいですからね。上着は多くは半袖です。

ちなみに「看護婦」じゃなくて「看護師」ですね。男女同権の世の中なので

 

看護師さんというと白衣のイメージですが薄いブルーや紺色もあるようです

そういうユニフォームを「スクラブ」って呼ぶようです。どう使い分ける

のか、よくわからないですがお医者さんでも半袖スクラブの人、実際は多い

ですね。…..でもね、

私たち、イラストレーターがイラスト表現しなくてはならないのはあくまでも

現実の医者、現実の医療関係者ではかならずしもなくて、

「多くの人の頭の中にある医療関係者のイメージ」なのです。

それなのでマイクロストックに素材として登録するイラストの場合、

ナースキャップも全否定ではありません。その方が「看護婦さん」を象徴する

のにふさわしいと思う使用ケースもあり得るからです。同様に

「首に聴診器をかけている医者」もアリだと思います。

結局、どちらがダウンロードが伸びていくかという問題にすぎませんが傾向と

しては聴診器もナースキャップも次第に「死語」になっていく可能性が

高いと思います。時代とともにイメージは変わっていきます。

最新のイメージにしておいた方が素材として長く価値を保てることはあります。

どうするかは考え方次第だと思います。

首から聴診器を下げたお医者様
首に聴診器を下げたお医者さんの3Dイラスト

ものすごく素朴な3Dイラストです。もう売れることは無い?

もしかすると「レトロ3Dイラスト」として数年後に価値がでないかな??

あくまでも売ることが目的ですからいろんなアプローチがあって良いと

思うのです。

次はレトロイメージの看護婦さん

……クリミア戦争に従軍してた看護婦さん??

でもこの絵は素材としてアウトだと思います。赤十字がマズイのです。

赤十字はお医者さんのマークという分けでなくジュネーブ条約で保護

されているマークなのだそうで、あまりウッカリ使う筋のマークでは

ありません。まあ十分周知されてる問題みたいで今更かもしれませんが

ついでなので記しておきます

最後に、最近の医療従事者のイメージです。

まあこんな感じ?

タブレット端末とか持っててもいいかもしれないですね。

また医療関係素材も再チャレンジする予定です。

それでは本日はここまでです。

 

 

 

 

 

 

マイクロストックカテゴリの最新記事