ジャンルの話-美容と健康イラスト攻略法?

ジャンルの話-美容と健康イラスト攻略法?

カテゴリー選択は慎重に

 

ジャンルのお話し3つ目ですね。美容と健康イラストの攻略法…

攻略法たってね。そもそも攻略できてない問題について攻略法書くのも

無理がありますが、いろんなルートで攻めてはみました。

こういうブログをみておられる方は当然ですけど

「うまく行くにはどうすりゃいいの?」とお考えのハズで失敗例ばかり

並べるより手っ取り早く成功例を出した方がいいかもしれない。….と

思いまして今回は成功例からいきます。

私のポートフォリオを「美容」で絞って一番売れてる絵がコレです

 

美容のイラスト、鏡で抜け毛をたしかめる
鏡で抜け毛を確かめる人

44DLですね。ネガティブイラストの典型です。

もう一つあります。こちらは30DLです。

抜け毛を気にする人
抜け毛を気にする人

30DLといえばウチ的には十分成功してる方です。

いいじゃん!。抜け毛、これで行こう!柳の下のドジョウねらいが

このシリーズ、薄毛の悩み。

 

抜け毛、薄毛、高齢者
おじいさんの薄毛
おばあさんの抜け毛
おばあさんの抜け毛

高齢者の抜け毛、薄毛、これで決まり!

でもDL 0!  おかしいな??

高齢者は抜け毛、薄毛などあたりまえで悩みにならないのかな?

それではもうひとつ、若者も抜け毛、エイッと….

 

若者の抜け毛
若者の抜け毛

これもDL 0 ‼

あれ~どうして~??…………

///////////////////////////////////////////////////////////////////

テイストが違うから、という問題で片づけてしまいそうなのですが

今回は気になりましたので少し調べてみました。

そもそもフォトリア上で販売してる期間が違いますからそれを

無視してDL数だけ比較しても意味はありません

先にあげた2つは2011年11月28日にアップロードになっています。

古い絵なんですね。6年半くらい経っています。

後の3点は2017年10月25日と比較的新しかったです。

今2018年5月ですからまだ半年くらいです。期間の比率で13対1ですね

こんなの比べても意味がない?ただそれにしても違いすぎるのが

閲覧数です

(フォトリアでは販売数だけでなく、その絵に対してどれだけアクセスが

あったかの数字がでます。) 先の2つがそれぞれ203回、165回に

なっているのに新しい方の3点は……..2回、0回、1回って,少なすぎるよ

これで売れたら不思議なくらい、

いったいどうしたわけでしょうか。

 

調べると同じような絵なのですが明確に違う点がありました。

登録キーワードは時期の全く異なる絵なので違ってはいますが内容、総数ともに

大差があるとは思えません。明らかに違うのは登録カテゴリーです

売れてない方が

カテゴリーーー人物ーーーシニア   などであるのに対し

売れてる方は

カテゴリーーー感情と情緒ーーーその他感情ーーー嫌悪感

そんなカテゴリあるんだ、というくらいニッチな特殊なカテゴリーに

ちゃんと仕分けされています。

上の「人物ーシニア」カテゴリーだと明らかに大きすぎて膨大な数に

埋もれそうですが下のカテゴリーならカテゴリー内の母数がはるかに少なそうです。

とかくカテゴリーって考えるのが面倒で無難な、というか大きく分けた

カテゴリーで済ましてしまいがちですが、その絵に適切なカテゴリーがある

場合はできるだけ細分化されたニッチなカテゴリーに入れた方がとりあえず

見てもらう機会は増えるのではないでしょうか?

またそれが本当に必要な、購買意欲の強い人が見に来てくれている可能性も

ニッチなカテゴリーの方が高いのではないかと推測されます。

…..それと同時にですが

初めからカテゴリー逆算で絵を描くというのも、絵を描く一つの手かも

しれないですけどね。

フォトリアでは後からキーワードを増やしたりすることはできませんが

カテゴリーの移動は簡単に可能です。

せっかく描いた絵が、カテゴリーの選択という問題だけで埋もれてしまったの

ではもったいないですからね。みなさんもお気を付けください

 

今回は美容と健康イラストの攻略法の話を描くはずだったのですが

考えているうちにハナシがそれてカテゴリー選択のお話になってしまいました。

美容と健康イラストの事はほかにも書きたいこともあるのでまた

改めて取り上げます。

今日の所はこれで終わります。

ではまた。

 

 

マイクロストックカテゴリの最新記事