マイクロストックについて

マイクロストックについて

マイクロストックというのはフォトリア(今はAdobeStockeです)やPIXTA,

フォトライブラリーなどの写真やイラストをロイヤリティーフリーで売る

サイトの総称です。私は2011年からフォトリアを始めましたのでもう

7年目になります。

まず初めにお断りしておきます。私がマイクロストックのお話をするとき、

頭にありますのは常にイラストジャンルのお話です。写真は出したことが

ありませんしわかりません。ただ写真のジャンルで起きていることはイラストに

先行しているように思いますので注目はしています。特にお断りしない限り

マイクロストックの話はすべてイラストの話として聞いてください

その後フォトリア以外にもPIXTA,フォトライブラリー、ShatterStocke、123RFなど

で販売するようになりました。1か月の売り上げは総額でおおよそ4万円程度

と思います(正確につかんでいませんが、少しづつ統計数字を確認して出したいと思います)

この種の情報公開をしますと多分、マイクロストックですでに活躍している人、

これから参入をお考えの人などが見に来られるかと思います。

最初にいきなり結論から申し上げます

はたしてマイクロストックは労力をかけてやる意味や値打ちがあるのかどうか、

という事ですが。

私はあると思っています

マイクロストックの一番いい所は、登録してしまえばあとは放置で済むところです

感覚的にはなにもしていないのにお金が入ってくる感じになります

(実際はものすごく労力かけてるワケですけど)

それでも特に使い道のない時間、なんだかヒマなとき、好きな音楽でも聴きながら

ストレスなしに作ったものがお金を生み出すならその点は悪くないと思いませんか?

 

マイクロストックは必ずしもプロのイラストレーターが成功するとは限りません

この言い方は少し違うかな……必ずしも技術レベル的に高度な人が成功するとは

限りません。

イヤ、「成功ってなんだよ」ってハナシになってしまうのですが

マイクロストックにおける成功の定義とは、「最小労力投資」で「最大リターン」を

揚げている人が「成功者」だと思います。ただし1日の労力投資で……5千円儲けて

それが何?になってしまうのでとりあえず月1万円以上程度をいかに小さい労力で

達成するかというレースだと考えてみましょうか。

その定義でいくとワタシは成功者じゃないですけど…….(多分労力かけすぎなので)

でも労力って時間で必ずしも計れないですよね?要はストレスがどれくらいかと

思います。徹夜でマージャンやるのを「努力」とは言わないでしょう?

そういう事です。

ノンストレスで楽しく作ったものがお金になるなら悪くない、程度でスタートするのが

いいと思います。なかなかそれくらいの考えからスタートしないと難しいと思うのです

何が難しいと言って、ある程度、軌道にのせるまでが一番ムツカシイのじゃないで

しょうか?あとはいかにモチベーションを保ち続けられるかどうかですが

モチベーションを保つための最大のご褒美は言うまでもなくお金です。

ある程度お金が入ってきたら面白くなって新作もアップしやすくなる、アップすると

結果もついてくる、そのサイクルに持ち込めるかどうか?持ち込んで継続できるか

どうか、という事です。マイクロストックは凧揚げみたいなもので、風を捕まえられる

高度にまで自分のタコを揚げることが必要ですが,あげてオシマイではなく最低限

手入れをしていきませんとゆっくり落ちてくるか、その凧の性質によっては急降下

して墜落するかもしれません。

そのあたりまで考えるとやっぱりある程度売れる引き出しをいくつか持ってる方が

有利なのかなとも思います。

ただ結論はまだ出たわけではありません。マイクロストックという現象はまだ現れて

から20年くらい??終わったわけではありません。私の見る限りまだ拡大中です

(なぜ、そう思うのか等は今後、追ってお話します)

もし私が現時点でトップクラスの売り上げだったら、少なくとも私にとってもう

やる価値ナシ、と思えるかもしれませんが幸か不幸か私の週刊の順位は現在

3000位くらいですね。だいたいですけど。

ここのカテゴリーではマイクロストックでの私の活動情報を出していくつもりです

あまり自慢できるような数字ではないのですが,一つだけ私が自信をもって

提供できるデータがあります。

それはジャンルが幅広いという事です。私のポートフォリオを見ていただければわかります

けど、絵の傾向が……バラバラです。

これは戦略的には褒められたことではありません。おそらくある程度絞ったほうが

販売には効果的だと思います。もともと「とりあえず色んな絵を出して、成功した

ものにBITしていこう」と考えて始めました。それなのでどんなジャンルが売れるのか

という情報は蓄積してる…..はずです。

自分自身のためにもそれらを整理し、考察しながら進行したいと思います

それではひとまず、最初のご挨拶はここまでとして始めます

よろしくお願いします

 

マイクロストックカテゴリの最新記事