ランサーズはある意味頂点です(実況8回目)

ランサーズはある意味頂点です(実況8回目)

ランサーズ実況8回目です。

その後、提案してなかったワケじゃないのですけど完全非公開オプション

だったり(一応クライアントさんの意向を超えた露出はしない事にしてます)

なんだかめんどうだったりで少し間があきました。

このところ、コンペ案件は内容が低調かなあ….安すぎというか、そんな事

できるワケないでしょ!みたいな非常識案件もチラホラありますね。

クライアントさん目線から言うとそれでも応募があればそれが「相場」

みたいに見えてしまうのが、コッチから言えば困るのですけどね。

言っとくけど、それ「相場」ではないですよ。

ランサーズでの値段はその時、その場限りにおいて発生した「現象」です

 

以前は街角に個人経営の喫茶店がたくさんありました。

なんとなくコーヒーの値段には相場がありましてだいたい300円とか

350円とかね、そんなもんでした。コストと利益の関係でそうなるの

でしょう。日本全国の喫茶店のコーヒーを一堂にならべたら中には

一杯250円の店もあれば中には特別に3日間だけを100円で出してる店も

あるかもしれません。もしコーヒーがインターネットで買えてクリック

ひとつで目の前に現れる商品なら、コンペ開催して100円で買えるかも

しれないですけどね。でもそれは「相場」ではないでしょう?

その時、その場限りにおいて現れた「現象」です。

ランサーズの価格も同様で1億2千万日本語使用者の頂点に現れた現象です。

 

頂点?底辺の誤りでは?って言われそうだけど….。

まあ頂点っていっても三角形でも3つの頂点がありますからね。

例えればこんな感じかな??

イラスト価格の相場と頂点という問題のグラフ
相場と頂点

 

事、イラストジャンルに絞ってお話しすれば今どきネットを見てないプロも

アマプロもいないと思います(常に極少数の例外はあるけど置いといて…)

だれでもいつでも手を出せる状態でそれ(コンペ)はそこに存在します

イラストという仕事が金額と労力、技量のバランスの上に成り立つトレード

である以上、ここ(ランサーズなどクラウド)は現時点における一つの頂点なんです

クライアントさんはその頂点の現象をすくい取れるワケだからラッキーだけども

これは現象なので常に同じ現象がおきるわけでもなく、ムラがあります。

特にその頂点をすくい取ろうとすればするほど、現象のムラは大きい覚悟は

要ります。

喫茶店のコーヒーでも店によって味が違うようにイラストも提供者によって結果が

違います。安全な真ん中相場の要求なら安定的に結果が得られるでしょうが、

お得に頂点を得ようとするのであれば「目利き」は必要ですし、提案が少ないという

リスクを取る覚悟もいります

 

コスパを求めるなら私はクライアントとしてのそのサイトでの正しい振る舞いを

取ったほうが良い結果を得る確立が上がると思います。

優秀なランサーさんほどクライアントの振る舞いに敏感というか….無茶ばかり言う

クライアント、不必要な延長をするクライアント、後出しで追加的に条件を出して

くるクライアントは敬遠されると思います

でもそれでも….需給がトコトン悪ければ無茶も無理も通ってしまいますけどね。

クラウドサイトも時間がたつほどにそのあたりが落ち着くところに落ち着くと

思って、それがどのあたりか知りたくて追跡してるつもりなのですけど。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

さて前置きが長くなりましたけどランサーズ実況の8回目、なんです。

今回は百貨店のイベント用のだまし絵だそうです。残り時間が現時点で

8時間、まだ投稿作はゼロ!

でも私が最初のアップになるの、イヤだなあ…

 

イラストのコンペで先出していいことなんてひとつもありません。

後から出す人の参考作品になるだけだし、クライアントさん側からみても

選考基準のタタキ台とか間違い、勘違いや方向性指摘のために使われちゃう

だけですからね。

でも残り8時間ですからね。ウッカリしてると流れちゃうかも??

出しちゃえ、エイっとお…..

百貨店イベント柱巻きのだまし絵
百貨店イベント柱巻きのだまし絵

色々前置き書きましたけど、今回のコンペがそんなに無茶な内容と考えてる

ワケではないですよ。そもそも無茶なら出さないし私は落選した時の

受け身というか被害が無いように考えてOKと判断したものしか基本的に出しません

これはそういう意味で勝算アリでした。氷も海もオートだし実は描いてるトコ

少ない…..

 

このコンペ、応募の内容が全部オープンでは無くて参加希望の人だけ

クライアントさんに直接メッセージして情報を送ってもらうという形式でした。

….そこがやっぱり敷居が高かったのではないのかなあ。

登録してログインしないと受け取れないアプリとかめんどくせーと感じるのと

同じでひと手間が間にはいるだけでめんどくさくなっちゃったように思います

 

まあ競合が少ないのは良いこと?

でも延長されたらオシマイだしね。

そうなるとタタキ台にされちゃう。

イヤだなあ……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結局このコンペはランサーズ実況初の当選コンペになりました。

ヨカッタね、…….なんですけど提案3件!

なんかエアポケットに入ったようなコンペでラッキーと言えばラッキー。

このコンペ、よく考えればそれほど無茶ではなかったように私は

思いましたけど….

それでもこういう高作業負担コンペ?で提案がズラリと並ぶことを期待するのは

あまりにクライアントさん側も無茶というか、状況をよく考えてほしいとは

思います。(なにしろ落ちたら0円なんですから….)

それでもたまに「現象」としてはそういうコトがありますけどね。

そこらあたりが悩ましいというか困った現象なんですけども

 

ともあれこれでこの企画ももう少し延命しそうです。

ヨカッタのかな??

 

 

クラウドソーシングよもやま話カテゴリの最新記事