ランサーズさん新機能、適正価格判定

ランサーズさん新機能、適正価格判定

ランサーズさんに何やら新しい機能が加わりまして….

依頼されている仕事が「適正価格」なのかどうか、AIさんが
自動判定してくれるのだそうで….
クライアントさんの提示している依頼価格が、ですよ。
めずらしくランサー側の立場に立った機能と言えそうですね。

異常に安い募集案件とかは「市場価格と相違」と注意書きがでます。

優良クライアントさんが大きな顔をできるというか、優良案件を
出せば良い意味で目立てるので優良案件優遇措置といえそうで良い企画
なのではないかと思います。

コンペだけなかな?と思ったらプロジェクトもなのですね。
これまでの依頼から割り出された市場価格に対して適正なのか
優良価格なのか、クソ価格…いえ「市場価格と相違」しているのか
をAIさんが自動判定して表示してくれるそうです。

見て回ってみましたけど….適正価格が多いですね。
まあ当然か。偏差値みたいなもんなのかな?これ。
それでもバカ安い案件….いえ、市場価格と相違した案件も
いくつかありましたね。(あくまでもイラストジャンルの話ですけど)

ダメなのはプロジェクトばっかりですね。

「WEBマンガの制作、1話15枚~20枚で報酬3千円」
「カラーイラスト18~21枚で4千円」

そりゃ誰が見ても安いダロ!!
別にAIさんにご指摘していただかなくてもね~。
でも優良依頼が増えるひとつの理由にはなるかもしれません。
この機能は歓迎ですね。どんどんやってほしいです。

ちょっと不思議なのはイラストなんかだと必ずしも作業労力は
点数や量の問題ではないわけで、1点でも重たい仕事もあれば
5点で1万円とかでも、まあなんとか適正価格?といえる案件も
あり得ると思います。
かしこいAIさんはそのあたりもビッグデータというやつでたくさんの案件のデータベースからの判断で適正なのかクソバカ仕事…じゃなくて市場価格と相違してるのか判定してくれるのでしょう。おりこうですね。スバラシイです。

ついでに年間の「優良仕事大賞」とか「ワースト糞仕事賞」とか
やってくれないですかね。懲罰的意味も込めて??

まあ「市場価格と相違」した仕事の発注をかけている方々は確信犯というか
わかってやっておられるのでしょうから、何ともおもってないでしょうけどね。
そこに応募がある以上それもマーケット価格だという事になりますから。

これ、表示と一体化すべきなのではないでしょうか?
市場価格と乖離した仕事は表示しなくて結構ですという選択ボタンをぜひ
実装すべきです。そうすればバカ安い仕事を出すことが不利益になるので
適正もしくは優良仕事を出すインセンティブになります。
さらに言えば優良価格に優先表示があるとかね。まだまだ工夫の余地がありそうですね。

クラウドワークスと比較してもランサーズさんのほうが微妙にだけど
ランサー側のことを考えてる感じがして好感が持てます。
ワタシもいつまでも意地はって認証拒否してないで認証してもらおうかな?

やっぱりブロンズからスタートになるのかな?
やだなあ。それなら認証ない方がマシかなやっぱり。

困ったな。

クラウドソーシングよもやま話カテゴリの最新記事