ランサーズ実況….7回目

ランサーズ実況….7回目

ランサーズ実況7回目です。

も~、さっぱり通らないし、この企画ダメだなと思ってますけど今回は

キャラクターじゃなくて一応イラストジャンルですね。

キャラクターはもう通る気がしないというか、凄腕の人が数人いますからね。

今回はイラストなんですが…..さてこのコンペですがコメント欄にクライアントさん

の書き込みがすでに入っています。

 

ランサーズの、提案へのコメント欄は以前から問題になっています

提案に対してクライアントからコメントが返せるのですがそれがすべての人に

丸見え状態になっています。当然メチャクチャ参考情報になってしまうのですが

クライアントさん側から見ればそれで今後の提案の方向性をコントロールできる

のでそれを分かって入れてくる人もいます。単に無自覚なクライアントさんも

あります。

ランサーさんの中にはそれを嫌って「提案へのご意見はコメント欄に入れずに

メッセージしてください」と明記している人もあります。

そもそもなぜコメント欄が解放されているのでしょうか?

コメント欄は基本的にはクローズで、オープンを望むクライアントさんだけに

対しての有償サービスにするのが妥当と思います。

 

コメント欄をオープンにして意見を入れながら提案をコントロールしてコンペを

進行するのは私はアリだと思っています。

むしろそれこそがホントの「クラウド制作のイラスト」じゃないかとさえ思います

ただし問題はアリアリですよ。先に提案したらたたき台にされるだけで損ばっかり

です。そこをどう金額評価していくのかという事がクラウドソーシングのこれからの

方向性というか、次の段階の在り方だと思っています。

ランサーズもクラウドワークスも現状で儲かっちゃってるからなのか次の段階の

改革などする気がまるで無いようですけど、ランサーズを超えるネクストの

サービスを作る気があるなら狙いはそこだと私は思います

……….それはさておき、

 

丸見えですね。

この情報を見ずに提案するのでは、ただのバカになっちゃいますから

仕掛けの問題点はともかく、多いに参考にさせていただきます。

「もう少し顔小さくカッコよくは体は大きくして正面で今から突進するぞ~て感じ

前足を仁王立ちで睨んでる感じ」だそうです

それで最初はこんなスケッチになりました。

突進する牛のイラスト提案
牛の下書き

前足は単純に仁王立ちというか、両側に突っ張ってる感じでも

良いのだけど、それだと動きがなくなってしまうから、

スペインの闘牛なんかで牛が足を掻いて力をためてるみたいな

ポーズにしたいと思ったのだけど…

その足の表現がチョット難しかったです。

提案したのはコレです

ラーメン屋さんの牛
牛、提案したイラスト

ラーメン屋さんの看板というかキャラクターなんだそうです。

どうもクライアントさんはカッコイイのが欲しいようで….

顔はもう一回直してみようかな?足も仁王立ちのバリエーション作っても

いいかもですね。

 

こういう募集は「落ちても安心」なのでチカラ入れやすいんです。

間違いなくフォトリアネタになりますからね。安全パイです。

でもコメント欄がオープンなのはみなさん周知の事ですから

こんな段階で出したら今度はコッチが不利になるかもしれないし

(コメント入らないからお気に召さないのかな?ワカンナイ)

どうなるか分かりませんけど、だからこそ実況としては面白いんだ

もんね。まあそれも含めて楽しませてもらいます。

さてどうなる事やらね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

クラウドソーシングよもやま話カテゴリの最新記事