ランサーズ実況….6回目!

ランサーズ実況….6回目!

ランサーズのプロフィールページで自分の提案履歴を見ておりましたら

提案履歴をワンクリックで「当選作だけ」に絞れるボタンがありました。

前からこんなの、ありましたっけ??   自分の履歴を見てなんだか

ビックリというか、今更だけどがっかりというか….

通ってないんですね~、コンペ。特にキャラクターなんか戦績ヒドイと

いうか、これだと確率100イチくらいじゃないかな~。

なんか参加賞もらったりプロジェクトやってたりでそれなりにやれてる

気分になってるけど、ほとんどバカじゃないかと思うくらい落ちてます…..

 

おもいっきりへこみましたけど懲りずにいきます。

今日はキャラクターじゃなくてイラスト、ロボットのイラストです。

業務用ロボットだそうで、(AIプログラムってことかな?) 事務作業の

省力化ロボットだという事です。クライアントさんの記述です

「イメージが近い例が「BizRobo」で画像検索して出てくるイメージキャラクター」

だそうです。

なるほど、カワイイけどリアルなロボットですね。

まずは最初のスケッチから

ロボットのイラスト最初のスケッチ
最初のスケッチ

このコンペ、出た当初から出そうと思っていたのですがチョッと出遅れて

今日はすでに10数件の提案がでていました。力作も多くて….引きずられますね。

しっかり書き込んだ絵が出てるとつい「もっと上回らなくっちゃ!」と変に

力が入りますけど、ここはあくまでもそういう世界じゃないので、

クライアントさんの言う事を聞け~!なんですが。

幸い、中間段階でクライアントさんのコメントが入っておりまして、後出しの

いいとこでコレを聞いてから出せるというプレミアムが…….曰く、

「選定にあたりましては、少年的で機械的な作品より中性的で人間らしさが

あるものを高く評価させていただいております」

…….ドレガソレナンダロウ

わかったようなわからないような…..

 

コンペの途中でそれまでに提案していた作品を「たたき台」にしてしまうような

無神経なというか不公平なというか見ていても腹の立つ

(ただし後から出す人には有利だけど)クライアントさんがいます。だからウカウカ

先出しはできないのだけど、今回のクライアントさんは分かってかわからずなのか、

やや解釈に悩むようなコメントでした。まあこれなら良いでしょうか。

このコンペ、出す気になったのは描いた絵が絶対無駄にならないと思ったから

です。間違いなくフォトリアネタになります。

落ちたら、ロボットが困って解決して案内して喜べば….ストックネタ、いっちょ上がり

だもんね。これだと力が入れやすい。

途中段階です

ロボットのデザイン画、途中経過
ロボット、とちゅう

「ロボットがデスクワークかデータ処理してる感じが良いです」

….良いですってクライアントさんが言ってるんですから素直にロボットに

パソコンさせればいいのに…..なんかロボットがキーボードたたいてパソコン

やってるってそ~と~、変なシチュエーションのような気がして…..

(こんなところにリクツはいらないのだけど) ロボットなんだから

アンタ自身がコンピューターでしょ?みたいな気がね~。

それで最初は空中に浮いてるモニターみたいなのにタッチしてる感じに

しようかと思ってこういうポーズになりました。   おおっ!

これだと簡単に、困った、解決、案内の黄金パターンに持ち込める!!

って…….なんか最初っから負ける気満々なんだよな~。

コレダカラ通らないんだ…….。

 

ロボットって関節に凝ったりディテール書き込んだりしたくなるけど

そこはグッと抑えて、結局こんなのになりました。

データ処理をこなすロボット
ロボット完成

完成前にもう一度クライアントさんの発注の文章を読み直しましてね。

これ「カワイイロボット」が「パソコンとか事務処理してるとこ」が

欲しいって依頼なんだなと改めて確認しまして….

 

イラストレーターさんってワタシ含めみなさん基本的に絵を描くのが

すきなんだ。ついがんばってロボット描いちゃうんだよね。

(その点、同時にご提案されているベテランデザイナーの方は過不足なく的確な

ご提案をされてますね)

それで最後に少し反省して口はかわいいマンガ口にしておきました。

頭身比例もちょっとだけ落としたです。

ってここまで書いていたら今、提案にお気に入りが入りました。

お気に入りったって…

1,,,,,ですか。落ちたナ。 すでに2以上の評価を入れてるってハナシだもんね。

…….ホントに実況だな、今日は。

後出しで落ちてりゃ世話ね~や。

 

やれやれ初めからカワイイロボに素直にパソコンさせときゃヨカッタよ

とほほだね。

そんなわけでしばらくするとフォトリアにこのロボットが

「困った、解決、提案、案内」のポーズで登場するわけです。

やれやれですね。

 

また明日から、がんばるゾイ。

ではまた~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

後日談です。

このコンペの結果はこうなりました。

う!結果はかすりもしてないジャン!

それでまあ予定どおりといえばそうですが…

fotoria の販売ネタになりました。

初めから動かしやすくつくってあるのでね。

そんなこと考えてるからダメなんだけど…..。

 

 

 

 

 

 

クラウドソーシングよもやま話カテゴリの最新記事