クラウドソーシングについて

NO IMAGE

クラウドソーシングにつきまして書かせていただきます。

クラウドソーシングというのはウェブでデザインやプログラム、文章作りのタスクなどを

募集してるサイトのことでランサーズとクラウドワークスが主な2つです

仕事は色々募集してますけど私が言いますのはあくまでもデザインジャンル、それも

イラスト寄りの話です。ほかのジャンルの事はわかりませんので

特にお断りしない限りデザイン、イラストの話しとして聞いてください。

 

ランサーズは初めてもう….記述するために調べてみたら2009年の8月からやってますね。

もうじき10年!?   まあ常時やってるというわけでは無くて離れてた時もあるし

色々です。それで現在の成績が122です。近頃はいくつ提案したかという情報が出なく

なっていますけど多分1000くらい出してます。   HN:freehandです。

 

私はずっとフリーランスで仕事してきたわけですがデザイナーとして生きてきた

分けではありませんのでロゴとかデザインの仕事はあまりしません。それでも

専門外でもコンペだと気軽に出せるのがクラウドソーシングのいいとこで、たまには

出したりします。

 

クラウドソーシング、ランサーズについて書かれているブログというのは案外少ないように

思います。まあ心底から肯定してる人なんてあんまりいない?

いるとしても少数だしそういう方はブログなんて書かないでせっせと提案してるでしょう。

私はどう思ってやっているかというと、もうここ数年は「あまりマジメにやりすぎない」という

事にしています。まじめにやったらくたびれてしまいますからね。

(プロジェクトは別です。プロジェクトはフツーに仕事の流れになりますから)

マジメにやらないという言い方は言葉が悪いのですが要するにフォトリアやマイクロストックの

素材を作るためのモチベーションアップのために使う、という考えでここ数年はやるようにしています。

つまり使いまわしの効くコンペ以外は提案しない、が基本になります

似顔絵とかはNG。 あと個別性のきつい案件もNG クソ安いのはもちろんNG

でも近頃は1万円台でも手を出してますけどね。以前はスルーしてたけど。

 

それでどうなるか、こうなります!

2兎を追うもの1兎も得ず
2兎を追うもの1兎も得ず

 

この絵、ピッタリすぎて言葉もないワ。

いやホントにこうなりがちですね~。かなり出す案件を十分考えないと。

 

キャラクターなんかは使いまわしできそうでもフォトリアで売れたケースとか

あまりないのじゃないかな?それでもこのやり方で数少ない成功例もありますけどね。

これななんかそうですね。

あかるい街並み

これは100ダウンロードですから15000円稼いだことになります。(フォトリアだけで)

もともと商店街のイメージイラストだったと思います。商店街のアーケードは無くして

個別性につながるものは排除してあります。

成功っていっても結構手間がかかってるかな?

これもまあまあ…

家の断面

いかにも使いまわしのききそうな案件ですけどね。

 

「フォトリアやマイクロストックの素材を作るためのモチベーションアップのために使う」

これもホントはチョッと違っていて、「ランサーズで落っこちた時のショックアブソーバーに

マイクロストックを使ってる」とも言えます

ってか、みなさんどうしておられるのでしょう。軽い提案モノならいいけどある程度

重い作業のコンペで落ちたら「やってられ~ん」になるのがフツーだと思いますけど..

モノのよったらバラシてつかったりとかもできますけど、無定見に出してたら何の役にも

たたないコンペ落ちモノがいっぱい発生してしまう事になりますね

(…….実際すでに山ほどあるんですけども)

 

まあそんな事かんがえてたらクラウドソーシングはできないのであります。

必勝の気迫をもって、負けるなんて露ほどにも思わず出さないと良い提案はできません。

クラウドソーシングについての概観というかオープニングの総論を

書くつもりだったのですがいきなりコアな話になってしまったような気が

しなくもないですがそれはさておき、

 

ここではクラウドソーシングの実況中継をやろうかなと思っています。

今自分が出してる案件の話と結果のおさらいをやります。

マイクロストックのネタ作り兼、あわよくばランサーズでの当選をめざし、かつ

ブログネタとしても使う、「3兎を追う」の計であります。

 

上手くいきますかどうかはじまりはじまりパチパチパチ…..

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウドソーシングよもやま話カテゴリの最新記事